仮想通貨SocialGoodのロードマップと今後の将来性

2019年08月21日

あゆみトラストHD代表の高岡壮一郎が立ち上げ話題となった、「SocialGood」。ICOも終了し資金調達に成功したわけですが、トークンホルダーとしては、今後どうなっていくのかが非常に気になることろですね。

この記事では、Social Good Projectの今後の見通しである「ロードマップ」についてまとめました。

この記事を読めば、SocialGoodが目指している場所・ビジョン。今後どのような活動を通して、それらを達成していくつもりなのかがわかります。

仮想通貨SocialGoodとは

SocialGoodの特徴

・キャッシュバックシステム

SocialGood保有者がSocialGoodの加盟店で買い物をするの一定の割合でキャッシュバックがSocialGoodで行われる。

 

・普段通りの買い物で社会貢献ができる

いつも通りの買い物をSocial Goodの加盟店で行うだけで、加盟店から成果報酬型の集客手数料として受け取ったものを寄付に回すことができ、社会貢献をすることができる。

 

・ブロックチェーンを使った寄付

どこにどれくらい寄付するのかなど、ブロックチェーンを通して選別が行われるため、必要なところに必要な分寄付がいく仕組み。

 

SocialGoodのロードマップ・今後の活動

Phase 1(2005年-2007年)

3年間での裕福層に向けたマーケットプレイスビシネスの達成

・2015年、社会問題解決も目的にSocial Goodの創設者である高岡壮一郎がFIn Techグループを創設し。

・高岡壮一郎は当時最大規模であった暗号資産であるUSDS Milに支援されていた。

・2006年に裕福層へのオンラインマーケットプレイスのビシネスを開始。個人資産は約10億USD(約13億円)達し、当時では日本一であった。

・BMW、Mercedes、Ferrariなどの大企業がオンラインビシネスのクライアントであった。

・UNICEFやWWFは支援を目的にした自動募金システムオーガニゼーションに組み込まれている。

Phase 2(2008年-2017年)

グローバル財務ビジネスの発展の達成後の10年間で成し遂げたこと

・高岡壮一郎は金融庁に財務アドバイザー企業として登録また、HKSFCのライセンスの元、香港セキュリティー企業を始めた。

・2017年末までには投資契約は900億USD(1兆円)に達した。巨大投資を行う個人への投資アドバイザーとして日本国内では一位となる。

・2017年に顧問企業のビシネス原理宣言を採用されたのち、日本の金融相のホームページにリストされるようになった。

Phase 3(2018年1月-12月)

13年間のビジネス目標と資産からSocial Good プロジェクトへの変換期間

1月:Social Good財団設立。ブロックチェーンシステムを活用したToken Ecosystem Patenが日本とアメリカに提出される

4月:Social Goodがアメリカの米国証券取引委員会(SEC)に認可投資家として登録される。SocialGood(社会を良くする暗号資産)がSocial Good財団より発行される。

5月:Social Good財団がSocial Good Ecosystemのための巨大な繋がりを持って新たな同盟を始めう。財団による合計資産は20億USDを超えた。

6月:exciteがSocialGood チームに参加し、機関投資家に対しトークンセールを開始する。3千万USDを機関投資家に対しうる。

7月:数多くの暗号資産取引所からSocialGoodを取り扱ってもらうことの合意を得る。

8月:SocialGoodの所持者が3万人を超える。

9月:暗号資産利用のキャッシュバックシステムのための国際的ビジネスモデルの特許を提出。

12月:ユーザーが4万人を超える。

Phase 4(2019年1月-)

Social Good Ecosystemの拡大

1月~12月

・SocialGood Cashback のβバーションのテストを開始する。

・日本国内外の取引所で上場される。(すでに多くの取引所から合意書を得ている)

・投資家と顧客の認知度を上げるためにトークンセールによって向上した売り上げはPRのために使われる。

・Social Good Ecosystemのビジネスモデルの世界的なファイナンシング開発が同盟のメンバー、とくに日本国外のメンバーを増やすために開始 。

6月

・SocialGoodのプランをアナウンスメント。

2020~

・SocialGood ETFをマーケットに上場。

関連記事
仮想通貨SocialGood(ソーシャルグッド)の特徴

富裕層限定のプライベートクラブ「YUCASEE(ゆかし)」や、日本の富裕層がヘッジファンドに投資をするのを助ける投資助言会社である「ヘッジファンドダイレクト」の代表を務める高岡壮一郎氏がSocialGoodというプロジェクトを立ち上げました。同プロジェクトは、米国SECに登録済みで日本国内のICOと

2019年08月21日
Social Goodが日本仮想通貨ビジネス協会へ入会—仮想通貨発行体専業として日本初【フィスコ・ビットコインニュース】

「社会を良くする」をビジョンに仮想通貨の普及を推進するSocial GoodFoundationは10日、仮想通貨ビジネスの健全な発展を目指す会員組織「日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)」から正社員として入会を承認され、ICO部会等に出席したと発表した。同社によれば、JCBAへの入会は、仮想通貨発

2019年08月22日
仮想通貨SocialGoodの基本情報と運営メンバーまとめ

2019年3月に海外取引所への上場を決めた仮想通貨SocialGood。着々と、プロジェクトを進めて普及を目指していますが、そのプロジェクトを進めるメンバーは一体どんな人たちなのか。この記事では、仮想通貨SocialGoodの基本情報とプロジェクト運営メンバーについて解説していきます。SocialG

2019年08月21日
あゆみトラスト・ホールディングス株式会社ってどんな企業なの?

日本の富裕層は非常に保守的である。特にご老人のみにフォーカスを当てれば、節税対策として多少は資産運用を行ってはいるものの、いまだに莫大な資金を預金に回しているという人も少なからず存在する。資産運用の必要性が盛んに叫ばれるようになった昨今。そんな状況に一石を投じるべく、富裕層向けサービスを多数提供して

2019年08月01日
仮想通貨SocialGoodのキャッシュバックシステムとトークン配分

SocialGood Cashback「SocialGood Cashback」とは、「スマホでワンタップすれば、キャッシュバックが貰えるサービス」です。SocialGoodホルダーは、店舗・営業マン・ECサイトと接点を持ち、商品を購入したら、Social Goodセンターを通じて、その代金の一部を

2019年08月22日
【おすすめ国内ヘッジファンド】アズカルアセットマネジメントってどんな会社?

アズカルアセットマネジメントは、拠点を日本に置く独立系のヘッジファンドです。2005年に複数の優秀な金融マンによって共同設立された比較的新しめのファンドと言えるでしょう。国内株式の運用を得意としているというのはもちろんのこと、アメリカ債券の運用ではリーマンショック時にも+22%の利益を出したという実

2019年08月12日
ヘッジファンドはいくらから始められる?一般人でも投資はできるのか

ヘッジファンドといえば、お金持ちが有り余るお金を投資に回してさらに設けている怪しいもの。少し前までは、そのようなイメージがあったようだ。確かに、ヘッジファンドは10年ほど前までは富裕層しか相手にしてきませんでした。しかし、ここ最近では一般の人でもヘッジファンドに投資をすることが可能になっているようで

2019年08月12日
【驚愕の事実】日本人の7割が投資で損をしている

突然ですが、あなたは今まで自分の資産を用いて「投資」を行ったことはあるだろうか?証券会社で株式を購入したり、為替トレードをしたり、銀行に預金をするなど、「投資」1つとっても様々な方法があります。老後に必要な資産額が2000万円と政府から発表されてから、投資に関する注目は高まる一方です。しかし、投資に

2019年08月12日
【おすすめ国内ヘッジファンド】BMキャピタルってどんな会社?

BMキャピタルは日本でトップクラスのヘッジファンド取扱い企業として名が通っています。国内のヘッジファンドのなかでも、特に「安定した運用」がウリのBMキャピタルは、過去にマイナスを記録した年が一度もないという驚異の実績を誇っています。なおかつ運用成績は平均10%前後を記録するなど、その実力は折り紙付き

2019年08月12日
【おすすめ国内ヘッジファンド】ヘッジファンド証券ってどんな会社?

ヘッジファンド証券は、日本でも有数の国内ヘッジファンドを展開している企業です。複数のファンドを投資対象とする投資信託のことを指す、「ファンド・オブ・ファンズ型」の外国投資信託の形を取っており、3つのなかから自分によりよいファンドを選択することができるなど、顧客のニーズに寄り添った事業展開を行っている

2019年08月12日